お知らせ

自分らしく生きるための緩和ケア

「治療することはもうできないから、あとは緩和ケアですね」と言われてショックを受けられる患者さんの話をよく伺います。「緩和ケアっていうことは、あとは死ぬのを待つだけなんだ」と受け止められて、落ち込んでしまわれることも少なくありません。でも、緩和ケアは治療できないから、やむなく選択するものなのでしょうか?緩和ケアは死を待つだけの医療なのでしょうか?

 

緩和ケアとは何か?と聞かれたとき、一言で表すのは難しいのですが、日本緩和医療学会では市民向けに「重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア」と説明しています。

 

たとえば、転移・再発してしまっている癌のほとんどは、根治困難な病気であり、いつかこの病気によって命を落とすことになる可能性は高いのかもしれません。そして、抗がん剤などの治療も、効果に限界はあり、継続できなくなることも現実的にはある話です。そういったときの緩和ケア、すなわちつらさを和らげるケアは、何もしないで死を待つということを意味するのでしょうか?

 

いや、そんなことはありません。つらさを和らげることで、体力が擦り減らないように心がけ、そして限りある人生かもしれないけれど、生きがいや目標を持って、生活の質を高めていくことに、間違いなく意味があります。そして、このような緩和ケアの意義を保証してくれるデータもあります。

 

進行肺癌の患者は早期から緩和ケアを受けている方が、生命予後の延長効果が示されたのです。早期からつらさを和らげ、限られた人生をどう生きるかの相談を続けた結果、体力も温存され、より適切な治療の選択と中止により、生命予後も延長されるのです。これは自分が日ごろ実感している、「適切な緩和ケアは生活の質を高めるばかりではなく、元気に過ごせる時間を長くできる」ことを裏付けてくれました。

 

緩和ケアは何も治療することがない人が、仕方なく受けるケアではありません。自分らしく生きるために緩和ケアがあるのです。緩和ケアは立派な治療の選択肢です。

どこでも切れ目なく緩和ケアを

緩和ケアは自分らしく生きるための、どこでも受けられるべき当たり前のケアであり、治療によって療養する場が変わったとしても、切れ目なく提供されなければなりません。

 

「抗がん剤治療中は、まだ緩和ケアは受けられない」ということなく、そのときのつらさの緩和のために治療と並行して緩和ケアは受けることはできますし、将来の準備のために緩和ケア病棟などの相談をしておくことも、大切な関わりです。もし、緩和ケアの医療者が、治療中は相談ができないと言うことがあれば、それは適切な対応ではありません。

 

進行がん患者は、体調によって療養の場の希望は変わっていくと言われています。体調が落ち着いているときは、できるだけ自宅で過ごしたいと考える人が多い一方、急激に体調が悪化してくる時期には病院で過ごしたいという人も増えていきます。最期は自宅で過ごしたいと考える人もいらっしゃいます。そういった体調の変化、個々の希望に応じて、移りゆく希望に迅速に対応することが緩和ケアの医療者に求められます。

 

切れ目なく緩和ケアができるように、抗がん剤治療中からでも受診できる緩和ケア外来、そして病院でも在宅でも切れ目なく二刀流で関われる体制が重要と考えており、全国に広まるよう活動しています。